« 書類整理棚 | トップページ | 腰掛製作 »

アルケチャーノ &ユネスコ創造的文化都市ネットワーク 鶴岡市を訪ねて

Dscf1768

始まりは、この本shine

『奇跡のレストラン アルケチャーノ』

食と農の都庄内パラディ-ゾ

Dsc00492

7月17日、18日と商工会議所青年部で鶴岡研修へ

Dsc00441

鶴岡市の企画室長から鶴岡市の取り組みを説明いただくshine

グリーンツーリズムのターゲットはヨ-ロッパ

『その資産は、在来作物&シェフ。鶴岡は在来作物の宝庫』

『歴史資産は中韓の観光者より欧州のツーリズム文化圏の方々に価値がある』

などなど、私にとって新しい価値観、驚きが多数あり勉強になりましたflair

その取り組み、苦労も、質疑を通して聞かせていただきましたhappy01

Dsc00445

伝説のシェフ=奥田様から同乗いただき、生産地めぐりup

Dsc00448

庄内パラディーゾ 山澤様の畑を見学shine

Dsc00449

丸山様の羊を見学

無農薬肥料で育った無農薬飼料を食べる羊たち

無臭でした

一番おいしい食材は産地にあるが、形はばらばら&とれたて

一番見た目の良い食材は首都圏へ、流通に乗せやすい商品

そんなことを確認してきましたflair

そして、

夜はアルケチャーノでディナーコースhappy01

Dsc00465

Dsc00460

鯛のキャビア添え

Dsc00467

Dsc00466

お目当ての 牡蠣のリゾット

Dsc00469


Dsc00470

丸山さんの羊

2時間のディナーは最高でしたshine

写真だけでも美味しさ伝わりますかsign02

Dsc00479

朝は駅周辺の観光(一人でウォーキング&サイトシーン)

Dsc00476

藤沢周平『義民が駆ける』は長岡藩、庄内藩、川越藩の3藩国替え騒動を描いた小説

長岡市と鶴岡市は縁があるんです

藤沢記念館

Dsc00478

2時間の観光

Dsc00488

花火大会の大きさも会場も長岡に似てるhappy01

Dsc00494

初日は奥田シェフに3時間のツアコン(ツーリズム関して)

2日目は2時間の経営講習

濃厚な2日間、交流観光ではなくっちり研修会でした

超楽しい2日間、参加いただいた仲間たち、奥田シェフ、鶴岡市に感謝shine


















|

« 書類整理棚 | トップページ | 腰掛製作 »

スローライフ 地元を楽しみつくす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009611/61330184

この記事へのトラックバック一覧です: アルケチャーノ &ユネスコ創造的文化都市ネットワーク 鶴岡市を訪ねて:

« 書類整理棚 | トップページ | 腰掛製作 »