« 大晦日 | トップページ | 今年を振り返って »

ポーツマスの旗 吉村昭著 (~読書感想文)

 好きな歴史上の人物は?

小村寿太郎 陸奥宗光 高橋是清 、そう、明治維新後の外務大臣たちだ

皆、日本のために尽力した偉人、外交の場で命を燃やした方々だ

 ポーツマスの旗 book は日露戦争の講和条約で折衝した

小村寿太郎全権大使の責務、苦労、苦悩が描かれてる。

 先日、NHK特別ドラマ『坂の上の雲』が放映されていた

そこに出てくる小村寿太郎やウイッテは、この本に出てくる人物設定と同じで、

本のイメージが広がりやすく読書も進んだ。この本は続編のような内容だった

 小村とりまく状況は複雑で無情だ

日露戦争で亡くなった多くの日本人=その事実や

財政破たん寸前で戦争継続不可能な日本、戦争を続ける力のあるロシアや、

メディアに踊らされ現実を理解せず不満を口にし暴動寸前の国民

そして

アメリカ国民は、今まで見下してた東洋の小国に対する警戒と、

ロシアと戦って善戦してる東洋の小国に対する賞賛

そんな状況の中で奮闘し、冷静に判断し、指揮する

迫力ある内容だ

 欧米に対する世論操作、情報戦、腹の探り合いも読みどころでした。

また、講和条約を結んでも国民からは反感を買うが、

一時の状況で信念が揺るがないところがいい。

 

唐突だが、私は

明治維新から太平洋戦争の終了までのシュミレーションゲームがあったら

どんなにリセットしても、必ず、太平洋戦争は負けると思ってる

だが、その時代、その折々、日本の将来を憂い、懸命に平和を目指した偉人たちがいた

小村寿太郎は、講和条約後、韓国を併合する中心にいた人物だ

彼の人生の終わりは話題にしにくい時代だった、だから、

彼もあまり話題にされないのかもしれない

でも、彼の人生を思うとき、尊敬せずにはいられない

Dscf1218

次は 『賤ヶ嶽~岡田秀文』

買ってきましたhappy01

|

« 大晦日 | トップページ | 今年を振り返って »

徒然なるままに&日々の葛藤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009611/58434820

この記事へのトラックバック一覧です: ポーツマスの旗 吉村昭著 (~読書感想文):

« 大晦日 | トップページ | 今年を振り返って »