« 2012技術部長研修  消火栓から | トップページ | 消防団の服装とは? »

2012技術部長研修 連成計て? ティクラーとチョークの違いは?

Photo_5

連成計て何に使いますかsign02

ティクラーとチョークの違い分かりますかsign02

Photo_6

連成計(右側)は 

自然水利の場合、吸水の高さと給水量を示します。

消火栓の場合、吸水能力を表します、黒字の場合は水量が豊富でありますが、

赤字の場合は、消火栓の放水弁を開放水量を確保します

最大に上げても、赤字の場合は、深刻ですsweat01

水道管からの水量確保が総量的に間に合わない場いいが考えられます。

自然水利への移行を考えるのも必要になりますsign03

2

ティクラーとチョークの違いはsign02

ティクラーは気化器に燃料を入れるものです

チョークは気化器の空気弁を閉じるものです

気化器に入った燃料は気化し爆発する状況になりますので、

どちらも気化する時間を感じる必要があります。

ティクラーが過ぎると、

プラグが燃料でかぶり、エンジン始動できなくなりますsweat01

さて、

今回の講習で講師が重ねて言われたことは

※ポンプは水出してなんぼ、訓練の時は水出すとこまでしてください

※機器に精通し、維持管理に努めてほしい

今回の講習は分かりやす講義でしたし、分かりやすい資料でしたnote

|

« 2012技術部長研修  消火栓から | トップページ | 消防団の服装とは? »

消防団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009611/46751582

この記事へのトラックバック一覧です: 2012技術部長研修 連成計て? ティクラーとチョークの違いは?:

« 2012技術部長研修  消火栓から | トップページ | 消防団の服装とは? »