« 志賀高原へ | トップページ | ㈱ダイエープロビス様、階段収納 »

俺は馬鹿野郎だ!!(消防団推薦の本を読み終えて)

桜井団長からbookお借りして読破sign03

この本は、新潟市の副分団長が書かれた、消防団のお話ですgood

細部の感覚は微妙に違いますが、

団員勧誘されてる方は読むと、勇気づけられると思いますnote

Photo_5

本を読み終えて、皆さんに伝えたいことがありました

それは

俺自身の馬鹿さ加減に嫌気がさす、そんなエピソードが書かれてましたflair

私は団員に良く言います

『仕事も、趣味も、彼女に対しても、一生懸命向き合ったものが感動できるsign03

消防団もそうだ、頑張った奴は仲間と感動と誇りが手に入る、

適当にしてるやつは、大切な時間を無駄にしてる』

頑張ってる奴を笑うやつは、クズだ

そう言ってました

数年前、妙高市のポンプ操作方法大会で、

競技中にベルトがはずれた選手がいました

私は、普段から真面目に取り組まない奴は、本番であんな失敗をするものだと

さげすみ、笑いの種にしてました

そう

俺は馬鹿野郎です

この本には、この本人のエピソードが書かれてました

ベルトを落とした彼は、この大会にかけ一生懸命練習していたそうです

不幸にも、器材がベルトのバックルに触れたらしく

バックルが壊れ、走りながらベルトが外れてゆく大失態

当然、大会ではその時点で、大減点、終わったようなものです

彼は大恥をかき、笑われました

でも、彼は最後までやり通し、ベルトを拾い壊れたバックルに通し、

最後の言葉、指揮者に対し『異常なし』の言葉

最後には、静寂のなかで終えてました

たぶん、彼は、今まで支えてくれた仲間と、

一緒に大会に挑んでる仲間の存在が

彼を最後までやり通させたと思います

そう

頑張ってる奴を笑うやつは、クズだ』と普段から言ってる俺が

状況も分からず、笑いのネタにしてたのです

そう、俺は大馬鹿野郎でした

私は何度、読み返しても、この部分は、震えて涙がでます

自分を恥じるばかりです

この本に出会えて、感謝します

|

« 志賀高原へ | トップページ | ㈱ダイエープロビス様、階段収納 »

消防団」カテゴリの記事

コメント

平成21年度長岡市消防団の予選会を思い出します。
中之島方面隊の代表分団として私も3番員で出場しました。
とてつもないプレッシャーと緊張感。本番では1番員がホース延長で尻餅をついたとのこと。転倒とみなされ大幅な減点対象。順位は12・3位だった様な気がします。
悔しい思いをしました。でも彼を攻める気持ちは無かった。苦労を共にした仲間なのか?逆に「一つのチームに成れなかった。」ことに悔いた。
あれから2年が経ち、消防団を退団したわたしが昨年、操法の指導をしました。出身部と言うことも有り気の知れた面子。選手として経験した事、思いは全て伝えたつもり。結果(中之島方面隊は昨年より競技会方式)1位(今回は非公式なので関係幹部より情報入手)とのこと。嬉しい限り!
後に、飲み会で選手達から「OOさんのおかげです。でもあそこが失敗しました。また、やりたいです。」誇らしげに言ってくれる表情に涙が出そうになりました。
彼らは感じてくれたと。選手でなければ分からない悔しさと、やり甲斐。そしてバックアップしてくれた大勢の仲間への感謝。きっと次につなげてくれると期待しました。
最近になって他の分団関係者から言われました。「あの時のT分団は、素晴らしい操法だった。あれはハプニングだ。T分団の頑張りに刺激され、我々分団が成績を残せた。」と。終わった事にせよ、三者から言われると嬉しい限りです。
悔いはあるが、一生懸命やってよかった。
私事ですみませんでした。小林様のご尽力にご期待し、益々、長岡市消防団が御発展します様、蔭ながら応援いたします。

投稿: 元中之島方面隊 3番員 | 2012年4月 4日 (水) 21時52分

ありがとうございます

頑張るしかないですよね

投稿: コバケン | 2012年4月 4日 (水) 22時36分

 こんにちは。
「オレたち消防団!」の作者です。

 じつは、本を出すときはいつも悩みます。
「こんな本、世の中にとってなんの意味もないのじゃないだろうか」と思ってしまいます。


 今回もそういうふうに悩んでいたときに、こちらのblogの存在を教えてくれた友だちがいました。

 「これだけでも、あなたがこの本を書いたことの、大きな大きな意味があったのではありませんか? 」と。

 嬉しかったです。
この本を書いてよかったと、たったいま確信いたしました。ありがとうございました。

 藤田市男

投稿: 藤田市男 | 2012年4月 7日 (土) 23時13分

お恥ずかしい

この本に出会えて感謝してます

今後とも、活動頑張ってください

投稿: コバケン | 2012年4月 8日 (日) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009611/44727979

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は馬鹿野郎だ!!(消防団推薦の本を読み終えて):

« 志賀高原へ | トップページ | ㈱ダイエープロビス様、階段収納 »