« ㈱ナレッジライフ長岡支店、基本使用(金物) | トップページ | メルトダウン »

大震災=神戸地震+大津波、(中越地震のお返しの時だけど)

中越地震の時、全国の皆さんに助けていただいた時を思い出します。

お返ししなければならない時ですが、何も出来ませんsweat01

災害から3日間

緊急避難所へ移動、安否確認に追われます。

避難所でなく自家用車に寝泊まりしたがる方も多いですが、エコノミー症候群が心配です。

避難所には次第に支援物資が届き始めます(最初は、お茶、おにぎり、菓子パンだけですが2日後には、確実に配られ始めるでしょう→近隣のJCの活動がおおきな助力になります)

3日後、消防団の活動、青年会議所JCの活動が活発になり復旧が始まります(この時期、仕切りたがる行政(市町村)と協力体制がぎくしゃくします)

ガス漏れしたまま電気が戻ると、火事が心配です。地元消防団は自然水利の確認(水道が断裂したままで、水利確保が難しいため)、防火広報などたいへん忙しい時期を過ごすでしょ

近隣JCは避難所に支援物資配りで1週間忙殺されました

1週間後

この時期になると、自衛隊の仮設お風呂や、近郊のお風呂屋さんが無料開放してくれますspa

停電も、ガスの不通も、水道の復旧もこの頃戻ってきました。

この頃、私はやっとニュース(テレビ)を見ました。情報をやっと得ることが出来ました

情報が少ないことは、たいへん不安です

1週間後~2カ月は

避難所生活が続き、体も心も疲れます。

その間、行政はインフラ復旧、仮設住宅の建築が続きます。

3ヶ月後

仮設住宅への仮住まいが始まります

インフラの復旧で、本格的な復旧工事が民間レベルでも始まりました。

今回の災害は我々が体験した中越地震と比べられないほど大きな規模ですが、

ここの事象は同じことが起きると思います。

不安でしょうが、被災された皆さま、『あきらめないで!!、国を仲間を信じてください』

|

« ㈱ナレッジライフ長岡支店、基本使用(金物) | トップページ | メルトダウン »

徒然なるままに&日々の葛藤」カテゴリの記事

コメント

記事をみて、はっとしました。
動き回った方でなければ書けないこの覚え書きは、
今後何ができるだろうと思っていた自分にとても参考になります。
中越地震の折、私は実家にも帰らない不届き者でした。
人それぞれ、対応があったことと思いますが、
貴重な記事、ありがとうございます!!!

投稿: Norlin | 2011年3月13日 (日) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1009611/39199316

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災=神戸地震+大津波、(中越地震のお返しの時だけど):

« ㈱ナレッジライフ長岡支店、基本使用(金物) | トップページ | メルトダウン »